カテゴリ:
0097fadd.jpg
夏になろうかという頃、顎にできた悪性の腫瘍が原因でご飯を食べられなくなり、ビタミンの点滴と抗生物質の注射で何とか今も踏ん張っている、しぐま。
写真は数日前、しぐまのお気に入りの窓辺に座らせた時に撮ったものです。

先日から数歩くらいしか歩けなくなったので、昨日から夜の間も側にいられるようにしました。
しぐまは人にあまり頼ろうとせず、痛みも移動も自分で全部何とかしようとするところが漢だなと思います。
しぐまの力になれることは少ないですが、一緒にがんばってます。